どんなことをするの?

「芽生え」に寄り添い 「できた」に繋げる
「あそび」から 「できた」を育てる

排泄、衣服の着脱、食事習慣(おやつ)などの自立を目指し、個々に指導します。

スケジュールを絵カードで表示することで、「はじめ」と「おわり」を意識し、

見通しを持って一日を過ごします。

個々の支援計画に沿って、TEACCHを基にした個別課題をスタッフと1対1で

静かな個室で行います。​(週1回~)

◇◆◇ 個別課題のテーマ ◇◆◇

​手指の巧緻性、色形・空間の認知、数量の概念、社会性の獲得、

習字読字の基礎など

粗大運動を中心に体の使い方を身につけ、体幹を鍛えながら、脳機能を活性化させます。

​様々な素材を使った遊びを通して、いろいろな感覚を体験し、刺激します。

感覚遊びや運動遊びを小人数で行いながら、ひとりひとりの子どもに合わせたサポートを

行う。

​小集団で友達と共に活動する経験を重ね、社会性を育みます。

​おやつの時間を使って、リラックスした雰囲気の中で、「ことば」だけではなく、ひとりひとりに合ったコミュニケーションの方法を見つけ、育みます。

☆療育内容

 ○ 基本的生活習慣の自立​

 ○ 個別療育

 

 

 

 

 

 

 ○ 運動遊び

 ○ 感覚統合遊び

 ○ コミュニケーション学習

 ○ 集団療育

​ 

☆一日の流れ

※1 個別課題は週に1回程度行います。

☆保護者の支援
​ 保護者のお話を伺う時間を設けます。

​ご家族に寄り添い、共に考えながら、子育てをしていきます。

© 2023 著作権表示の例 -Wix.comで作成されたホームページです。